ルネサスはあなたを必要としています!

技術の飛躍的な進化により、自動運転や人工知能などかつてのSFの世界が、まさに現実となりつつあります。そのわくわくする近未来の創出に、私たちルネサスが開発した半導体が必要不可欠となっており、なかでも電子機器の頭脳を担うマイコン分野では世界トップクラスのシェアを誇ります。

ルネサスは、2010年に三菱電機、日立製作所、NECの3社の半導体事業が合併発足し、スタートを切りましたが、当社のこれまでの歩みは決して順風満帆ではありませんでした。2011年春の東日本大震災で当社の主力工場である那珂工場が被災するなど、大変厳しい時代を経験しました。しかし、その後の大規模な構造改革を経て、現在はグローバル半導体市場における「ワールドカップ優勝」に向けた成長フェーズに入っています。2017年2月、シリコンバレーの先端的アナログ半導体企業であるIntersil社をルネサスの一員に加え、グローバル成長のスピードをシフト・アップしました。

当社は、先進的な半導体ソリューションを提供することで、安全や健康、環境、スマート社会の実現など、広く社会に貢献しており、それを大きな誇りにしています。自動運転や、IoTにおいては、半導体の役割は「デジタル空間内」に留まりません。現実世界で事故回避の為に緊急自動ブレーキをかけたり、糖尿病の患者さんに自動的に必要な薬剤の注入を行ったりしています。パソコンやスマホは、フリーズのような不具合があっても再起動すれば済むかもしれませんが、自動運転やIoTのアプリケーションにおいては、小さな不具合も人命・安全・健康にかかわることがあります。また、自動運転やIoTでは、ハッキングや誤情報の取り込みも、同様に人命にかかわるリスクがあります。ルネサスの強みは、こうした自動車や産業分野で、世界一の「品質・信頼性」「セキュリティ/堅牢性」を築き上げてきたことにあります。ルネサスでは、多くの優秀で誠実な社員が、ワクワクするような先端技術開発を行うと共に、常に卓越した品質と堅牢性を保証して、顧客・社会から絶大な信頼を得ています。

自動運転やIoTの拡大で、ルネサスの生み出すイノベーションに対する顧客や社会の期待は、質・量ともに劇的に大きくなっています。こうしたイノベーションのキーとなるマイコンの雄であるルネサスに、よりよい未来をつくりたいという強い志をもった人材が、異業種からも加わっています。私たちは今、そうした新しい力、今後のルネサスの成長の必要な、多様な知識と経験、そして、情熱を持つプロフェッショナルを求めています。

実は、私自身も、自動車部品や電気機械の業界から、グローバル経営、成長戦略立案・実行、業務プロセスの標準化・リーン化、経営人材育成、国境を越えたM&AとPMI、ファイナンスといった知識を持って2016年春にルネサスに入社しました。ルネサスは、社内人材や技術の面でも、成長機会に満ちた事業環境の面でも、極めて大きなポテンシャルを持っています。このポテンシャルを最大限に引き出していくことは、私の今までビジネス経験の中で、際立ってエキサイティングな、素晴らしいチャレンジだと改めて実感しています。

WE ARE THE ENABLER OF BIG IDEAS. 共にグローバルに活躍する仲間を歓迎します。

グローバル半導体業界は非常にエキサイティングです。世界中のエンジニアが日々しのぎを削り、歴史上まれにみるスピードで技術革新が起こっています。そのような環境下であなたの専門性をさらに高め、視野を大いに広げてください。これまでにない新たな発想や卓越した技術と専門性で、未来に貢献する価値、BIG IDEASを一緒に創り出しましょう。ともに成長し、豊かな未来を切り拓いていきましょう。あなたが活躍できる最高の舞台が、ここにあります。

BIG IDEAS FOR EVERY SPACE

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 代表取締役社長兼CEO 呉 文精

略歴

  • 1979-2000:日本興業銀行(現在はみずほ銀行に統合)で、M&Aや資源開発プロジェクト・ファイナンスなどの国際業務を担当。1986-1992にニューヨーク支店勤務
  • 2000-2003:GEジャパン常務(M&A)
  • 2003-2007:GEフリートサービス社長&CEO
  • 2007-2013:カルソニックカンセイ社長&CEO
  • 2013-2015:日本電産副社長&EVP
  • 2016-:ルネサスエレクトロニクス社長&CEO

プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン大学院卒(MPA)

東京大学法学部卒(BA)